幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

ライブの出待ちってどうするの?出待ちの経験をもとにまとめました

みなさんはライブの出待ちをしたことはありますか?

私はあるライブでの経験がきっかけで、出待ちをするようになりました。

この記事は私の経験をもとに、ライブの出待ちや待ち時間、マナーについてまとめました

目次

出待ちをするようになったきっかけ

地元でのライブでのことです。終演後にトイレに行ったり飲み物を買ったりして、会場を出ると入り口の所に何人かの人がぽつぽつと残っていました。

それを見てもしかして出待ちをする人?!と思いました。

そのライブには一人できていました。
車だったので帰りの交通手段も大丈夫だし…私も出待ちをしてみよう!と、待つことにしました。

かっぱまきこ
一人で行動することが全然苦にならないタイプです。

出待ちをしてみよう?!

一人で行ったライブだったので、話し相手もいません。ライブ会場によっては、Twitterつながりの知り合いの方もいますが、この会場では誰も知り合いはいませんでした。

ひたすらライブの余韻に浸りながら、待っていると、ある2人組から話しかけられたのです。

同じアーティストが好きで、ライブ後に出待ちをしているということで意気投合。

  • 今日のライブの話や過去のライブの話。
  • 前に出待ちをした時の話を教えてもらう
  • アーティストの話(好きな歌、いつから好きか…)

さらにもう1人の方も加わり、4人でおしゃべりしながら楽しく待ち時間を過ごせました。

ついに目の前に!

40分ほど待ったでしょうか。タクシーが到着してしばらくすると…

ついに大好きなアーティストが出てこられました。

一人一人握手をしながら「ありがとうございました」と声をかけていただきました。

夢のような時間でした…

タクシーに乗られ、見えなくなりまでお見送りしました。

なんと窓を開けて、出待ちをしている人に向けておじぎしてくださいました。

それからは出待ちするように

この経験から、ライブに行くと出待ちをするようになりました。どの会場でも何人もの人が出待ちをしているのですが、同じアーティスト好きということで、お話して待つこともよくあります。

また地元の公演では、初めて出待ちした時にお話した方々と出待ちをすることが定番になりました。

ありがたいことに私が大好きなアーティストの方は一人一人握手をして、車が出る時はタクシーの窓をあけて挨拶してくださることがほとんどです。ライブの後の最高な時間です。
  • アーティストや会場によっては、出待ちが不可が場合があります。
  • 待つ時は片付けや通行の邪魔にならないように。また、大声でのおしゃべりも近隣への迷惑になります。

出待ちはどこで?どれ位待つ?どう過ごす?

待つ場所は?

出入り口付近で邪魔にならないように待ちます。

  • ビルのテナントに入っているようなライブハウスの場合は、裏口がないので正面入り口
  • ホールの場合は、裏のスタッフ出入り口

どこで待てば良いか分からない場合は、出待ちをしているような人を見つけましょう。そして、勇気を持って「出待ちですか?」と聞いてみましょう。

かっぱまきこ
出待ちをする人は自分だけじゃないはず?!

待つ時間は?

アーティストが出てくるまでは、かなりの時間があります。

  • アーティストが遠征している公演
    日帰りの場合は交通手段の時間によって早いことも。
    泊りの場合はのんびりされることもありますが、打ち上げがあるのでそこまで長く待つことはないと思います。
  • アーティストの地元公演
    たくさん待った時に「打ち合わせをしていて遅くなりました」と言われたこともあります。このようにライブ後に会場や楽屋などでお仕事の時もあるかもしれません。

過ごし方は?

待ち時間を快適に過ごすために必要なことを挙げてみました。

  • 待ち時間の暇つぶし対策を考えておく(ぼーっと暇を楽しみながら待つのもよし!)
  • トイレは済ませておく
  • 小腹を満たせるものがあると良い(ライブ後はお腹ペコペコですよね)
  • 暑さ、寒さ対策を

車でライブに行く方へおすすめ

私は会場近くの駐車場に止めます。(徒歩数分位の所を狙う)
ライブが終わると、一度車に戻ります。

  • 不要な物を置いたり、荷物の整理
  • 着替えや羽織ものを追加する(夜のライブの出待ちは冷えます)
  • メイクを直す
  • 小腹を満たす

と仕切り直しています。ライブ会場へ身軽で行けて便利です。

出てこられたら…

大好きなアーティストが目の前におられるという、最高に幸せな時間を思う存分に堪能しましょう!

握手していただけるかもしれませんし、お話できるかもしれません。

出待ちNGでなければお見送りは必ずできますね!

マナーを守って気持ち良くお見送りしましょう

  • 騒がない
  • 独り占めしない
  • 並んで順番を守って
  • 過度な接触はしない

最後は笑顔で姿が見えなくなるまでお見送りしましょう。

帰る時はゴミを落とさず、忘れ物に気を付けて。

私はお手紙を渡したり、地元の食べ物やアーティストの方が好きな食べ物を差し入れしたりすることもあります。

私が好きなアーティストの方は受け取ってくださいますが、こちらも出待ち同様にアーティストの方によってOKな場合とNGな場合があると思います。

感謝の気持ちを忘れずに

私が大好きなアーティストの方は、ほとんどの場合一人一人握手してくださいますが、これが当たり前ではありません。

出待ちNGの方もおられるでしょうし、ファンとの接触をされない方、時間の都合、会場の都合など必ずしもお会いしたり、接触したりできるとは限りません。

出待ちに対応していただけることは、とてもありがたいことです。

マナーを守り、感謝の気持ちを忘れることなく、大好きなアーティストの出待ちを楽しめるファンでありたいと思います。

ライブ遠征で一人旅をする時の過ごし方についてまとめています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる