幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

東野圭吾の「交通警察の夜」は少々毒のあるイヤミスっぽい短編集

東野圭吾さんの「交通警察の夜」を読み終えました。初版が発行されたのが、1992年。小説の時代背景には、懐かしいと思うものも出てきます。

図書館で借りたのですが、年月を感じさせる状態でした。

目次

「交通警察の夜」

著:東野 圭吾
¥168 (2021/03/15 08:35時点 | Amazon調べ)

古い小説なので、私のように図書館で借りるのが良いかもしれません。
書庫から出してもらいました。

読後感、すっきりはしません。

「交通警察の夜」というタイトルから分かるかと思いますが、交通事故に関する小説です。そのような話が6話収録されている短編集です。

殺人ではないけれど…

東野圭吾さんといえば、ミステリーのイメージが強いかと思います。

交通警察だから交通事故の話だと思って読み始めたものの、東野圭吾ワールドが満載でした。

ミステリー要素も大いにあり!

読み終えて思うのは、イヤミスとまでは言えませんが、それに近いものを感じました。
なんともいえない読後感です。

とはいっても、東野圭吾さんの小説なのでさくっと読むことができます。

東野圭吾さんの小説の記事のたびに書いているような気がしますが、本当に東野さんの文章は読みやすい。

1話選ぶとしたら

6話が収録されているのですが、1つ選ぶとしたら「捨てないで」を挙げます。

読み進めているうちに、もしかして…?と私が想像した通りで、東野さんらしく最後がまとめられているなぁという印象を受けました。

読み終えた時に、タイトルにも納得できるはずです。

最後に

この記事では東野圭吾さんの「交通警察の夜」を紹介しました。

交通警察の夜

東野圭吾さんの小説が好きな方は「交通警察」という視点で書かれている、珍しい小説としておすすめします。

東野圭吾さんのミステリー好きにおすすめ 

著:東野 圭吾
¥168 (2021/03/15 08:35時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる