幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

コロナ渦の子どもの外遊びはストライダーで公園散歩がおすすめ

コロナウイルスのためにステイホームの毎日です。

幼稚園は園から登園自粛要請を言われる前から休ませているので、子ども達は本当に引きこもりの日々です。

毎日家にいるのでは息が詰まってしまうので、天気の良い日は家の庭で砂利遊びをするか朝いちばんの公園に散歩に行くことにしています。

とはいっても、子ども達はただ散歩するだけでは満足してくれません。そこで我が家がしているのが

ストライダー散歩

思い付きで始めてみたのですが、やり始めてみるとたくさんの良いことがありました。

この記事では子ども達とストライダー散歩をするメリット、デメリットについてお伝えします。

目次

ストライダー散歩とは?

公園内の道路をストライダーに乗ることを我が家では「ストライダー散歩」と呼んでいます。散歩といっても、ストライダーに乗っているので、歩くよりも速いです。

人を避けるべく朝ごはんを食べたら準備して、出発。

近所には良い場所がないので、車にストライダー一式を積んで出かけます。片道10~20分位の範囲によく行きます。

必要なもの

ストライダー自体はコロナでステイホームと言われるようになる前から一人一台ずつ持っていました。

兄妹で種類は違っています。

息子はスポーツモデル。

娘はクラシックモデル。

息子は男の子なので、スポーツモデルのほうがいいのかなぁと思ってスポーツモデルを買ってみたのですが、普通に乗り回す分には、クラシックモデルでも十分かと思います。

忘れてはいけないのが、ヘルメットとプロテクターです。

車が大好きな息子はヘルメットも車でないと気が済みません。いろいろと探したうえで見つけたのがこれです。

本格的なヘルメットにとなると機能性に優れ、値段も高くなります。普通にストライダーを乗る分にはそれなりのヘルメットでいいかなぁと思ったので、本格的なものにはしませんでした。それでもなかなかな値段。

今のところ、転んで頭を打ったことはないので十分間に合っています。

プロテクターは膝、肘、手首の合計6点セットのものです。

乗り始めた頃は、派手に転ぶことがたびたびあったので、手首のサポータに随分助けられたのですが、今は手は付けていません。

手首を付けると、ハンドルが握りにくいのです。

乗りやすさと、けがの予防とを比べたうえで、子ども達と相談して外すことにしました。

今では膝や肘も要らないほどなのですが、子ども達にとっては必要な装備なようで自ら装着しています。

もちろんマスクも装着しますよ。

次にストライダー散歩のメリットについて紹介します。

歩くよりも楽しい

ストライダー散歩の1つ目のメリットは、ただの散歩よりも楽しいということです。

実はストライダー散歩を始める前に、子ども達と散歩をしたことがあります。

私はのんびり散歩をすることがなかったので、なかなかいいものだなぁと思ったのですが、子ども達からは大不評。

ただ歩くだけなんて、つまらない

私自身もある程度予想していたのですが、子どもにとっては散歩はただ歩くだけのつまらないもの。

散歩をしたところと同じ場所でも、ストライダーに乗るだけで気分は違うようです。

桜の時期は、桜並木の下を散歩したのですが、とてもきれいでした。

季節を感じながら散歩できるのも魅力です。

自転車の練習になる

ストライダーにはペダルがありません。そのため、足で地面を蹴って進みます。

最初はストライダーにまたがって、両足で順番に蹴りながらゆっくりしか進めませんでした。乗り進めているうちに、足で力強く蹴って、

足を離した状態でバランスをとりながら乗れるようになってきました。

このようにしてストライダーでバランス感覚が身についていると、自転車にスムーズに乗ることができるようです。

知り合いの子は、ストライダーから自転車に移行して、すぐに乗れるようになったそう。

本当なら息子に自転車を買いたいのですが、試乗をして選びたいので買いに行けていません。

良い疲労感が得られる

ストライダーは足で蹴って乗るため、いい具合の運動になります。

子どもの体力にも寄りますが、我が家の場合は乗り続けていると40分位で疲れてくるようです。1日のリズムにおいて実にちょうど良い時間。

家に帰ってお風呂に入ったらお昼ご飯です。

人混みでもないけど、外に出たらきれいさっぱり洗ってしまいたいので、早いですがお風呂に入ってしまいます。汗も流せていいですよ。

ストライダー散歩に行くと、午前中を有意義に過ごせたなぁと実感できます。子ども達も外に出られて満足です。

2歳の娘は家にいると昼寝をしません。しかし、体力が持たないので夕食前に寝てしまったり、夕食の途中で寝てしまったりすることが多々あります。

ストライダー散歩に行くと、疲れて絶対に昼寝をするのでスムーズです。

出かけるまでにお昼ご飯の準備をしておくと「お腹空いた、ご飯まだ?」にも耐えられます。

私は朝ごはんのついでに丼やカレーを作って炊飯器をタイマーしておいたり、レトルトのパスタにしたりしています。

ストライダー散歩のメリットについて紹介していきました。次はデメリットについて紹介します。

いつかは飽きる

今はストライダー散歩で満足してくれていますが、いつか飽きる日が来ると思います。

そうならないように、行ける範囲のいろいろな公園を探しては開拓しています。いろいろな公園に行ってみると、新たな発見があるのでおもしろいです。

遊んだ後に手を洗えば良いと言われているのですが、こわくて遊具や砂場では遊ばないことにしています。子ども達はすぐに口や目を触ってしまうんですよね…

帰りは荷物持ちかも

たくさんストライダーに乗った帰りに、疲れてしまって乗れなくなることがあります。うちの子だけかもしれませんが…

「もう疲れて乗れないから持って」と言い出すのはきまって上の子なのですが、お兄ちゃんがそう言うと下の子も絶対に真似します。そうなると大変です。

2台のストライダーを持って歩くことになります。

疲れたと言って一度降りると子ども達はもう乗らないので、駐車場までは荷物持ちです。

最近買った自分のキックボードと合わせると、なんと3台も持たなければなりません…

私が持っているものとは違いますが、引っ掛けられるストラップがあれば便利です。私が買ったものは、なくなってしまったみたいです。

かっぱまきこ
ついつい持っていくのを忘れてしまうので、素手で3台を抱えるのですが…

おわりに

コロナウイルスでの外出自粛のために始めたストライダー散歩について紹介してきました。

今のところは飽きることなく、子ども達と楽しんで散歩ができています。

普段から体を動かす習慣のなかった私ですが、これを機に良い運動習慣ができました。

人混みを避けてのストライダー散歩は続けていけたらなぁと思っています。

コロナがおさまったら、遊具や砂場で思い切り遊びたいです。

ストライダーはクラシックモデルがおすすめ。

最初は早歩きをしたり、小走りをしていたのですが自分用にも欲しくなり、今はキックボードに乗っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる