幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

ライブのために一人旅で遠征する時の私の過ごし方

ライブのために泊りがけで遠征したことがある人はたくさんいることと思います。

では、一人旅で泊りがけの遠征をしたことはありますか?私は何度もあります。

この記事ではライブに行くために一人旅で遠征する時の私の過ごし方についてまとめました

私が住んでいるのはある地方都市で、東京・大阪・名古屋に行くには高速バスや新幹線、特急列車で2~4時間かかってしまいます。

そのためライブが終わって駅に移動しても、終電に間に合いません。

ライブは夕方~夜に開催されるものがほとんどですよね。
日中に開催されるものだと終電で帰れる場合もあるのですが、珍しいです。

一度、夜行バスで帰ってきたことがあるのですが、帰ってきた日に体がつらかったので、それ以来夜行バスには乗っていません。さらに当時は看護師として働いていて、帰ってきた日の夕方から準夜勤で働いたのですが、とてもしんどかったです。

かっぱまきこ

それ以来、遠くのライブは1泊泊りがけで遠征することに決めました。

今は子どもがいるので、遠征は年に1度ほどですが、夫に休みをとってもらい子どもをお願いして遠征させてもらっています。

それでは遠征先の土地に着いた所をスタートとして、順に追っていきます。

ちなみに高速バス探しなら

目次

まずホテルに行く

私はまずホテルにチェックインして一息つきます。駅ビルでおいしいものを買っていったり、途中のコンビニに寄ったりしてライブ中にお腹がすかないようにしておきます。

かっぱまきこ

移動って結構疲れますよね。
たくさん歩くし、荷物はあるし…

会場の下見(しない時も)

グッズが欲しい時や時間がある時は会場の下見に行きます。そのため可能な限り徒歩にて行ける場所のホテルを選んでいます。

グッズは開場前の先行販売で買うのが断然おすすめです。

開場後に買うと

ライブハウスの場合はグッズを買っている間にどんどん人が入場してきます。
後ろでのんびり楽しむ場合はいいのですが、少しでも前で見たい場合には損ですよね。

かっぱまきこ

整理番号が良い時は特にもったいない!

私が行くアーティストの方はドーム公演はしない方なので、ドーム公演のことは分かりません。友人が言うにはドーム公演でグッズを買う場合、ものすごく長蛇の列だそうです。

荷物や身だしなみを整える

ライブハウスでは大きな荷物は邪魔になります。

ロッカーやクロークに預ける方もいると思いますが、私は利用していません。

会場によってはない場合がありますし、ロッカーは入場後でないと使えないという場合もあるからです。

グッズ同様、入場後に荷物を預けていたら場所取りに乗り遅れてしまいます。

そのために会場から徒歩圏内で行けるホテルに泊まり、荷物を最低限にしています。

  • チケット
  • お金(ドリンク代はお釣りがないように予め準備しておく)
  • 化粧ポーチ(口紅と鏡、リップ)
  • タオル
  • スマホ

そして服装、メイクを整えます。ライブTシャツは気分によって着たり着なかったり。冬の場合、コートは邪魔になるので着ていきません。

かっぱまきこ

腰に巻くことができるような羽織ものを一枚着ていき、入場後は腰に巻くか、寒さを我慢(笑)

動きやすいようにボトムはパンツで足元はスニーカーにしています。

ホテルから会場が近いと時間に余裕を持って行動できるのでおすすめです。

会場に向けて出発

余裕を持って開場時間前に着くように出発します。特に初めての会場で下見をしていない場合、道に迷うこともあるので気を付けましょう。

私は方向音痴なので、グーグルマップを頼りにしています。音声で案内してくれるので、とても便利です。ややこしい道の場合はそれでも迷ってしまうのですが…

かっぱまきこ

整理番号順に入場するライブの場合は確実に開場時間前に着くようにしましょう

ライブが始まるまでひたすら待つ

会場に着いた後は、ライブを楽しみに待つのみです。楽しみにしているライブが始まるのを待つのは、本当にわくわくします。

一人でライブに行くなんて…と思うかもしれませんが、一人でライブに来ている人って結構います。

この前行ったライブでは私の両隣が一人参戦の人でした。
ライブの特典について分からないことがあったので、思い切って隣の女性に聞いてみたのですが同じアーティストが好きなファン同士、会話も弾みました。もう片方のお隣は男性でした。

初めて一人でライブに行った時は、それはとても緊張しました。

一人でライブに行くなんて、誘う人がいないと思われるのかなとか、開場してからライブが始まるまではどうして過ごそうかなとか思っていたのです。

かっぱまきこ

当時はそんな風に思っていたのですが、今では一人でのライブは慣れっこですし楽しいです。

ライブの前後を自分の好きなように行動できて楽ちんです。
次の日は買い物をしたり、おいしいものを食べたり、観光をしたりして帰宅します。

今は子どもがいるので、頻繁に泊りがけでライブ遠征はしていませんが、子ども達が大きくなってきたらまたたくさん行きたいなぁと思っています。

まとめ

一人であっても、遠くの土地にライブ遠征をするのはとても楽しいです。大好きなライブに加えて、旅行も味わえます。

特におすすめなのが、アーティストの地元公演です。やはり地元は盛り上がります。

私が好きなアーティストの方は三大都市のうちの1つが地元なので、もっぱらその公演に行っています。

かっぱまきこ

一人遠征でのライブはとても楽しいので、ぜひ一度行ってみてくださいね。

子ども達の手が離れたら(まだまだ先なのですが)さらに遠征できたらなぁと密かにもくろんでいます。貯金しておこう。

授乳中の子どもを夫にお願いして遠征した話

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる