幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

利用しない手はない!子どもと図書館に行って本を借りよう

みなさんは図書館を利用しますか?

私も子ども達も図書館が大好きで、子ども達と一緒に月に2回以上行きます。

無料で借りられるってすごいことですよね。

目次

たくさんの本に出会えて読める幸せ

図書館の本は無料で借りることができます。利用する図書館によって、一度に貸し出しできる日数や冊数はさまざま。

私の考える図書館の一番の良い所は、無料だからいろいろと読んでみることができること

いろいろ読み比べられることで得られるメリットを紹介します。

買う必要があるかどうかの見極め

本屋で本を購入する時に、絶対に買うと決めている作者の本や毎月決まって購入している雑誌やコミック以外の場合は迷いなく購入しますが、そうでない場合のほうが多いです。

私は優柔不断なこともあり、一から何かの目的のために本や絵本を選んで購入する時はとてもじっくり悩みます。

  • どんな本か読んでみたいけど、買うまでではないかな…
  • 気に入るか分からない…
  • 初めての読む作者だから読んでみようかな
  • 実際に読んでから購入するかを決めたい

このような気持ちを解決してくれるのが図書館です。

無料で利用することができるので、借りた本が合わなくても大丈夫。

あさぎどり (夫)

借りた本が自分や子ども達に合うかどうかの見極めができます。

我が家では、子ども達が読む絵本の中で好きな傾向を知るのに、とても役立っています。
特に初めての作者やシリーズの場合、お試しの気持ちで気軽に借りてみます。

一度だけ読みたい本にうってつけ

私はミステリーものが好きです。ミステリーは一度読むとネタバレしてしまうので、買って読むことはほとんどありません。

そんな私ですが、コミックとなると話は別で、名探偵コナンのコミックは全館揃っています。ミステリー以外の要素もたくさんですもんね。

かっぱまきこ

終わってほしくない気持ちもあるけど、結末も知りたい!

もっと活用できる方法

図書館は便利なサービスがいろいろと備わっています。

あさぎどり (夫)

上手に利用すれば、もっと充実して本を借りられますよ!

検索できる

図書館には蔵書を検索することができる検索機が備わっています。

  • 借りたい本の名前や著者で検索
  • キーワードで検索

自分の探している本を簡単に探し出すことができます。
本の有無とともに、どの場所にあるかが表示されるので、取りにいきましょう。

  • 書庫…図書館の本棚には並んでいないので、スタッフの方にお願いすると持ってきてもらえます。
  • 貸し出し中…誰かが借りています。(次の予約の項へ)
  • 他館…管轄内の他の図書館にあります。(次の予約の項へ)

予約できる

借りたい本を誰かが借りている場合や他館にある場合は、予約をすることができます。

今はメールでの連絡が多いのでしょうか。
今の図書館も、その前に住んでいた場所の図書館も予約した本が図書館に届いた場合の連絡はメールでした。

新刊や人気の本は何十人待ちということもあります。

予約をした本を早く読みたい時はつい買ってしまいたくなりますが、私はその気持ちをぐっとこらえて、読む時のことを楽しみに待つことにしています。

延長できる

借りた本は延滞していない場合や予約が入っていない場合など、条件を満たせば貸出期間を延長してもらうことができます。

私はミステリーものをたくさん借り過ぎて読み切れない場合によく延長します。読みだした分は結末が気になって読破できるのですが…

子ども達は気に入った絵本をよく延長しています。何度も何度も読んで、1冊まるごと覚えきるほど読んでいます。

そんな図書館のデメリットは?

駐車代金が必要かもしれない

立地によっては駐車代金が発生します。

利用する図書館にもよりますが、図書館を利用した場合に駐車代金の割引があるという場合もあります。

私は割引のない図書館に通っていたこともありますし、割引のある図書館であっても割引時間を超えて利用することも多々あります。

あさぎどり (夫)

無料で本を借りられるので、借りた本を買うことを思えば駐車代金なんてね

探している本が必ずあるとは限らない

読んでみたい本が利用している図書館や管轄の図書館にあるとは限りません。

実際、私が読みたいと思って検索した本で見つからないこともたまにあります。

  • 取り寄せ…手続きをとれば、管轄外の図書館から本を取り寄せてもらうことが可能です。送料がかかる場合もあるそうです。(私は手続きが大変そうなのと、そこまでならいいかなぁと思って諦めました)
  • リクエスト…蔵書にない場合は購入希望を伝えることができます。必ずしも叶えられるとは限りませんが…

蔵書にない場合、どうしても読みたいなら潔く購入するのも手です。ネット通販ならきっと出会えるはずです。

最後に

本が大好きな我が家にとって、図書館は欠かせないものです。

次から次へと興味が移る子ども達には図書館はうってつけ。

あさぎどり (夫)

我が家では借りてきた本に飽きてきた子ども達から「図書館に行きたい」と声がかかります。

どの本を借りようかなぁ、どんな本があるかなぁと本を探すのはとてもわくわくしますよね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

かっぱまきこの夫。
「あさぎどりの羽ばたきブログ」を運営中。
絶賛筋トレ中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる