幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

一時の自主休園を経て幼稚園は再び登園することにしました

我が家には幼稚園に通う子どもが二人います。

本来であれば、楽しく幼稚園に通わせるところですが、今はコロナウイルスで頭を悩ませています。

感染を予防するために自主的に休んだ方が良いのか、それとも通わせた方が良いのか…

正解がない問題なので、とても難しい。

目次

我が家の幼稚園休園事情

日本でコロナウイルスが流行しだしてからは、自主的に休ませていました。

  • 2020年の2月半ばから自主休園
  • 緊急事態宣言の発令少し前からは幼稚園自体が休園

2月半ばから5月31日までは登園していませんでした。

6月1日からは幼稚園が再開され、子ども達も登園することにしました。

県内でのコロナウイルス患者が減ってきていたためです。

久しぶりの幼稚園に子ども達はとても嬉しそうでした。

その姿を見て、家で過ごすよりも幼稚園で過ごす方が子ども達にとっては楽しく、いろいろな経験ができるのだろうなぁと感じました。

しかし、未知なるコロナウイルスもこわい。

という葛藤の中、終業式を目前にして再び自主休園としました。

登園日もお休み

自主休園を再開後、そのまま夏休みになりました。

夏休みとはいえ、子ども達の通う幼稚園には登園日が設定されていますが、登園日もお休みしました。

9月からの登園はどうしようかと夫とたくさん話し合った結果、できる限りの対策をしたうえで登園させることに決め、今は登園しています。

できる限りの対策とは?

効果のほどはどれくらいか分かりませんが、幼稚園に登園するにあたって、できる限りのことをしています。

アロマオイル

私は、ある通信教育講座を利用してアロマと漢方について勉強しています。

アロマオイルの中には、免疫力をあげるものや風邪の予防になるものがあります。

そのようなアロマオイルを使って、講座内で紹介されている「風邪予防ジェル」を作り、登園する際に子ども達に塗っています。

この「風邪予防ジェル」は子ども達だけでなく、仕事へ行く夫も塗っています。

漢方薬

講座では漢方薬も学んでいます。

上の子は、幼稚園に通いだしてからは毎月1回は熱を出す位に調子を崩しがちで、喘息もあり。

その虚弱体質を改善すべく、漢方薬の「小建中湯」を飲み始めました。

下の子にいたっては、喘息はありませんが、上の子の不調を毎回もらってダウンするので、二人そろって飲んでいます。

「小建中湯」は子ども向けなので、大人は「補中益気湯」を飲んでいます。

クラシエ漢方
¥3,534 (2021/03/13 06:42時点 | Amazon調べ)

私も夫も、毎日補中益気湯を飲むようになってからは、疲れにくくなってきました。

かっぱまきこ

家族で同時期に飲み始めたのですが、かなり風邪を引く頻度が減りました。

マスク着用

マスク着用については、いろいろな意見がありますが、子ども用の不織布マスクを着用して登園させています。

帰ったらすぐに風呂

幼稚園から帰ったら、すぐに手洗い、うがいをします。

そして、そのままお風呂に入ります。

幼稚園に着ていった服は、まとめて洗濯ネットに入れて洗濯機の中に入れておき、夫が仕事から帰ってきたら、まとめて洗濯します。

幼稚園での対策は?

幼稚園でもいろいろな対策がとられています。

  • 玄関にアルコールジェルを設置 (入る時に必須)
  • 園児にマスク着用をすすめる (予備のマスクも持参するように言われています)
  • 保護者はマスク着用が必須
  • 行事の中止や縮小
  • 家で毎朝検温したうえでの登園
  • 園内の換気や消毒

行事に至っては、1学期は何もありませんでした。

2学期からは、全ての行事ではありませんが、縮小したうえで一部開催予定となっています。

正解は分からない

幼稚園の自主休園と登園を体験したわけですが、何が正解なのかは正直な所分かりません。

コロナウイルスに感染したくないという思いは、みんな持っていると思います。

  • 感染しないために自主休園を続けるのもひとつ
  • できる限りのことをして登園するのもひとつ

と、私は思っています。

以前は、かかりたくない一心で自主休園をしましたが、

  • いつ終息するのか分からない
  • 世間はできる対策をしたうえで動いている

ことから、地域の状況をみつつ、登園することにしました。

今は登園していますが、地域でのコロナウイルスの感染者状況によっては、自主休園を考えるつもりです。

終わりに

コロナウイルスの流行によって、価値観や考え方がガラッと変わりました。

一番大切なのは、自分達がどのように考え、どのように行動していくかということ。

家族と話し合って、何事においても

  • どう思うか
  • どうしたいのか
  • 手段はどのようか

と、いろいろな視点で考えて、判断していきたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる