幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

幼稚園は何歳から通うか、幼稚園を選ぶ時に考えたこと

我が家には子どもが二人います。

上の子(息子)と下の子(娘)の年の差は3歳です。誕生日が同じ8月なので本当に3年違いの兄妹です。

この記事では何歳から幼稚園に通うか、どうやって幼稚園を選んだかについてまとめました

目次

幼稚園に何歳から通わせよう?

幼稚園は3年保育、2年保育が多いのですが、幼稚園によっては2歳児からの預かりを行っている場合もあります。

我が家では年少からは幼稚園に通おうと考えており、その前の2歳児から通うかどうかで迷っていました。

  • ちょうど2歳児入園の申し込み時期の頃に家を建てているところでした。同じ県内でしたが、市が変わるため完成時期の5月では2歳児での4月入園に間に合いませんでした
    → 子どもは気にしないかもしれないが、区切りとして4月入園からがいいような…
  • 二人目妊娠中であり、2歳児で入園したとした場合、その年の8月が出産予定でした。
    → 引っ越し後の途中入園の場合、新生児がいる状況となり、息子の新生活への適応や赤ちゃん返りは大丈夫だろうか…私たちも新しい環境になるから大変そう…

というように考え2歳児入園は見送り、年少からの入園に決めました。

幼稚園の選び方は?

新居への引っ越しが年少入園の前の年の5月だったので、しっかりとした絞り込みは引っ越しの後にすることにし、引っ越し前は情報収集にとどめました。

  1. 通えそうな距離にある幼稚園を調べる
  2. 幼稚園のホームページを見る
  3. 興味を持った幼稚園の資料請求をする
かっぱまきこ
資料請求をすると入園の時期を過ぎる位までDMがきます

私がホームページと資料から幼稚園選びについて考えた視点について紹介します。

幼稚園の教育目標はどうか

各幼稚園によって教育目標が掲げられており、園での生活はそれに沿って行われています。
教育目標というと堅苦しく感じますが、一通り読んでみました。

見比べてみると、幼稚園によって様々でした。幼稚園を選ぶためには、

自分たちは子どもにどのような幼稚園生活を送ってほしいかを明確にする

ことが必要です。

我が家では勉強面での教育は小学校からにして、幼稚園は楽しく元気に通える場であってほしい

と考えていました。

そのため、早期の幼児教育に力を入れている幼稚園は候補から外しました。

家からの距離はどうか

幼稚園を選ぶ時点ではバスにするか送迎にするかは決めていませんでしたが、あまりにも遠すぎる園は移動時間が子どもに負担になると思ったので外しました。

延長保育はあるか

幼稚園を選ぶ時点では働いていませんでしたが、将来的に仕事をすることも考えて延長保育の有無を確認しました。

  • 実施時間(何時までか、早朝保育はあるか)
  • 実施期間(土曜日、長期休み)
  • 料金(回数制や月謝制)

給食はどうか

幼稚園では給食が多いと思いますが、お弁当の日があります。週に1回のところもあれば、月に1回のところと園によって様々でした。

それに加えて、息子には卵と乳製品のアレルギーがあり、家では食べる練習として少量ずつ摂取はしているものの、幼稚園では除去食を食べなければなりません。

アレルギー対応についても確認したのですが、

  • 除去食が可能な園
  • 除去食を行っていないため弁当持参となる園

と様々でした。

保育時間はどうか

幼稚園によって保育時間も異なりますが、大体似たり寄ったりだったのであまり重要視しませんでした。

興味を持った幼稚園に見学に行こう

情報を集めたうえで興味を持った幼稚園に見学に行きました。見学に行く場合は事前に連絡が必要です。

  • 見学の日が設けられている園(説明会として園の説明を受けた後に施設見学できるような感じでした)
  • 個別に見学できる園

と対応は様々でした。

  • 教室や廊下、園庭、遊戯室の広さや位置関係
  • 設備が整っているか、きれいか
  • 先生の様子
  • 園児の様子
  • 全体の雰囲気

と資料だけでは分からない詳細な点について実際に見ることができ、とても参考になりました。また、分からない点や気になる点を直接聞くことができる機会でもあります。

候補としている幼稚園にはぜひ見学へ

さらに、全体の見学日以外にも行くことをおすすめします。普段の様子を見るのが一番です。

未就園児教室に参加しよう

幼稚園では未就園児を対象にした集まりを実施しているところがあります。

一緒に遊んだり、作ったりなどの活動の他に、幼稚園の行事に参加できる場合もあるので見学よりもさらに園の生活を知ることができます。

入園する幼稚園を決めた後は、その園の集まりに行き雰囲気に慣れるようにしました。親としても入園前に幼稚園を知る良い機会でした。

最終的に選んだ幼稚園は?

候補を2つに絞り、2つとも見学したうえで今の幼稚園に決めました。

一番の決め手は幼稚園の雰囲気です。

廊下が広く、教室が明るく、園児も先生も楽しそうにしていました。

  • 家からの距離はあまり重要視していませんでしたが、結果的に家から一番近い幼稚園となりました。送迎を選んだのですが、家から近いのは楽です。
    保育参観の際は息子を送ったうえで、その1時間後に開始なのですが近いので十分に家に帰る時間があります。
  • 除去食対応でないため、毎日が手作り弁当の日々なのですがやってみると意外となんとかなっています!
まとめ
幼稚園を選ぶうえで、見学で得た印象って大切。
見学は必須

幼稚園について書いた関連記事です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる