幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

小児科選びのポイント 5つの小児科受診の経験から考えました

子どもはすぐに体調を崩しますよね。我が家も月に1回以上は小児科のお世話になっています。また、予防接種や健診でもかかる機会がたくさんありますよね。

我が家は上の子が3歳になる時に引っ越したこともあり、今まで5つの小児科にかかったことがあります。

この記事ではその経験をもとに小児科の選び方についてお伝えします。

目次

家からの距離

小児科にかかるのは子どもの体調が悪い時が多いですよね。体調が悪い時にたくさん移動するのは子どもにとってつらいし、連れていく大人も大変…

また小児科は混んでいることが多いので、移動時間を減らして受診全体にかかる時間を少しでも減らしましょう!

予約の有無

受診の予約をとることができる小児科もあります。
ただでさえ混んでいる小児科…予約をとることで待ち時間を少なくすることができます。
(それでも結構かかる時も多々ありますが…)

待ち時間が少なくなると

  • 体調が悪い子どもへの負担が少なくなる
  • 他の感染症をもらうリスクを減らすことができる

という利点があります。

今までかかった5つの小児科のうち3つは事前に予約をとることができました。

  • 電話またはネットで受診当日と翌日の予約がとれる(予約の時間は選ぶことができる)
  • ネットで受診当日の午前のみ予約がとれる(ネットで受診の順番予約ができる、時間指定の予約はできない)
  • ネットで当日の朝6時からその日1日の予約がとれる(15分刻みで枠がなくなり次第、受付は終了、数分で予約受付終了してしまう)

予約方法は様々でしたが、どの小児科も予約時に診察券の番号が必須であったため初診では予約をとることはできませんでした。

受診予約がとれることは必須ではありませんが、あると便利です。

 

医師の人数

大抵の小児科は医師が1人のことが多いと思います。
しかし、5つの小児科のうち2つは医師が2人体制でした。

当たり前ですが、医師が2人のほうが早いです!

似たような条件で医師が二人の小児科がある場合、2人体制はおすすめです。

感染症対策

小児科は病気の子どもがくる場所だけに感染のリスクがたくさんです。
咳をしている子ども、鼻水を垂らした子ども…
待合室で突然嘔吐した子どももいました。

予防接種や健診でかかるときは元気な時なので、そのような場合に感染症対策がされている小児科がおすすめです。今までかかった小児科では

  • 予防接種や健診で受診する場合の待合室が別室である
  • トイレ、授乳室も別室の待合室の中にある
  • 予防接種や健診専用の時間帯が設けられている
    (午後一番の30分間、他の時間帯でも予防接種や健診は受けられる)

という対策がとられている小児科がありました。

予防接種や健診は乳児期にたくさんあるので、待合室が別室だと安心です。

診療時間

休診日、最終診療時間を知っておくことはとても大切です。

困るのは休診日に体調を崩した時です。

我が家ではかかりつけ小児科が都合で休診日な場合にかかる第二のかかりつけを決めています。この前もかかりつけ小児科が学会で金曜、土曜と休診だった時に受診してきました。

また、インフルエンザの予防接種をどうするか迷っているうちにかかりつけ小児科での予約が終了してしまった時にも第二のかかりつけを利用しました。

このような場合に備えて第二のかかりつけを見つけておくことをおすすめします。

医師の専門性

小児科は子ども全般をみてくれますが、さらに専門的な知識を持った医師が多いです。

我が息子は卵と乳製品にアレルギーがあります。
最初に選んだ小児科がたまたまアレルギー専門の医師がいる小児科でしたが、そうでなかったらアレルギーが分かった時点で違う小児科を考慮していたと思います。

今は引っ越したので、その医師にアレルギーを引き継いでみてくれる小児科を紹介してもらい、そこをかかりつけにしています。
その小児科がたまたま引っ越した家から5分の距離の小児科でした。

必要であれば医師の専門分野を調べてみるといいと思います。

まとめ

かかりつけ小児科を選ぶポイントは様々です。
いろいろ挙げましたが、決め手となるのはかかった時の印象だと思います!
いくら条件が揃っていても、医師が嫌だったら子どもを任せられない…

大事なのは受診した時にまたみてもらいたいと思えるかどうか

できることならあまりお世話になりたくない小児科選びのお話でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる