幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

海堂尊の「コロナ黙示録」は世相を反映した桜宮サーガの最新作

海堂尊さんの田口・白鳥シリーズの最新刊を読み終えました。

何と最新作は、今の世の中にタイムリーな「コロナ」が題名になっています。

一体どのような話なのでしょうか?

かっぱまきこ

ネタバレも含むので、未読の方はご注意ください。

著:海堂尊
¥1,426 (2021/03/15 06:25時点 | Amazon調べ)
目次

政権批判にびっくり

田口・白鳥シリーズは全部読んでいる私ですが、今回の内容にはびっくり。

最近の世相がものすごく反映されています

名前が多少変えられているのですが、これはあの人、この事件はあの事件だなぁと、政治にそこまで詳しくない私でも分かってしまうほど。

コロナと政治は関わっているとはいえ、政治のことを扱った文章はかたい文なので、読むのがしんどいと思う方もいると思います。

かっぱまきこ

私も、ここは真剣に読まなくていいかなぁと思ったので、政治にかかわる部分はざっと流し読み。

実際の日本と同じような状況なので、一字一句を逃さずに読まなくても大丈夫。

政治に対する海堂さんのメッセージなんだろうなぁと感じました。

おなじみの登場人物は?

田口先生をはじめとした登場人物ですが、今回はすごく豪華に感じました。

田口先生に絡んでくるあの人はもちろんのこと、あの先生やあの先生、あの人に…

桜宮サーガは、

  • 話の見事なつながり
  • ここであの人が!という驚き

が魅力だと私は思っているのですが、今回も健在でした。

かっぱまきこ

最新作を読むと、また1から読み直したくなるシリーズ。

桜宮にもコロナがやってくる

「コロナ黙示録」では、コロナの第一波について描かれているのですが、桜宮にもコロナがやってきます。

一番の見どころは、

コロナが重症化してECMOを使用しなければならない患者が二人いるのに、ECMOは一台しかない場面

あの解決方法はずるいと思います。

今後、実際の現場でも十分に起こりうることだと思う。
海外では、人工呼吸器を装着する年齢が決められているという報道も目にしたし。
日本でこのような状況になった場合、どうなるのだろう。

結末は

「コロナ黙示録」の中でも、コロナは完結しません。戦いは続いています。

出版されたのが、7月なこともあり、読む前から小説の中でも完結しないのかなぁとは思っていました。

何よりもびっくりしたのが、藤原さんが病院をやめるということ。寂しいですね。

かっぱまきこ

愚痴外来はどうなってしまうのでしょうか。

次回作は、政治とは無関係なオリジナルストーリーが読みたいなぁと思うのでした。

著:海堂尊
¥1,426 (2021/03/15 06:25時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる