幼稚園、保育園の制服は何枚いるか悩む人へ

【衝撃告白】欠かさず歯磨きをしていたのに全部の歯が虫歯な私

衝撃的なタイトルですが、恥ずかしながら事実です。

私の歯は全部が虫歯でした

全部の歯が虫歯だなんて、毎日ジュースやお菓子を食べまくって、ろくに歯磨きをしていなかったんでしょ」と思うことでしょう。

しかし、そんなことは全くありません。

毎食後の歯磨きを欠かさず、ジュースもめったに飲まずという歯には一見良さそうな生活を送っていたにも関わらず、全部が虫歯になっていたのです。

この記事では、私のように全部の歯が虫歯になる人がいなくなるように願いを込めて書きました

目次

どうしたら全部が虫歯になるの?

もちろん、虫歯になりたくてなったわけではありません。

むしろ、虫歯にならないように、毎食後の歯磨きを欠かさず行っていた位の私。

何がだめだったのでしょうか…今までの生活を振り返ってみます。

小学校、中学校

義務教育の間は、歯科検診があり、治療カードをもらった時は歯科に通う。

高校

歯科検診はなかったように記憶。だが、歯の痛みにて歯科に通っていた記憶はあり。
定期通院はなし。

大学

歯科検診はなかったが、歯科に通っていた記憶があり。
定期通院はなし。

就職後

親知らずが急に痛むようになり、職場の先輩に教えてもらった歯科で抜歯をした。
その時に、虫歯も見つかったので、全部治療する。
数か月後に定期健診のお知らせが届くも、受診せず。(明確に記憶している)

一人目を妊娠

妊娠中に、自治体から1000円(だったような)で受けられる歯科検診のクーポンをもらったので、歯科受診をする。
親知らずに虫歯が見つかるも、痛みも特にないため、妊娠中に治療をするよりも、産後落ち着いてからの抜歯をすすめられる。

二人目を妊娠

一人目を出産後、一度も歯科に行くことなく、一人目を出産してから二年ほどで二人目を妊娠する。
つわりが最後まで続き、妊婦歯科検診は受けず。

二人目が1歳を過ぎた頃

一人目の時に言われていた親知らずを抜歯するために、歯科を受診。
親知らずを抜歯し、虫歯があるため続けて通うように言われるも、突発性難聴を発症したため、歯科受診を中断し、そのままに…

二人目が幼稚園に入園したので歯科通院

久しぶりに通院した歯科にて、全部の歯が虫歯だと言われる。

改めて振り返ってみると、だめなところがはっきり分かりました。

治療を中断したことと、定期的に通院していなかったこと

つわりや突発性難聴ということもありましたが、通うべき時に歯科に通院しなかったため、知らず知らずのうちに虫歯が増えていったのだと思います。

しかし、毎食後に必ず歯磨きをしていたのに、なぜ全部の歯が虫歯になってしまったのでしょうか。

その答えは、歯科受診をした時に分かりました。

歯磨きをするだけでは、落としきれない汚れがあるのです。
そのため、糸ようじやデンタルフロスが必要なのですが、私は歯磨きしか行っていませんでした。

実際、私の虫歯は歯と歯の隙間にできているものがとても多いとのこと。

歯科でフロスをしてもらうと、びっくりするほどの汚れが取れました

私が使っているのはクリニカのなめらかスリムフロスです。初心者でも使いやすい商品なので、使ったことがない方にもおすすめです。

全ての歯が虫歯と言われて…

歯の治療が途中になっていたし、そろそろ歯科に行ってみるかと思って受診した歯科にて、全ての歯が虫歯という衝撃宣告を受けた私。

虫歯が合っても数本だろうと思っていたところに、全部の歯が虫歯という宣告。

目の前が真っ白になり、心ここにあらずという状態になりました。

  • 欠かさず歯磨きをしていたのに
  • 治るまでにどれだけのお金と日数がかかるのだろう
  • 全部が虫歯の患者って歯科の人たちも嫌だろうなぁ
  • 全部の歯が虫歯だなんて自分で引くし、情けない

と、マイナスの感情ばかりが浮かんできました。

夫に、「全部の歯が虫歯だったんだけど…」と言うと、「えっ…」と言葉を失っていましたが、当然ですよね。私も、反対の立場だったら、同じように言葉を失うと思います。

もともと、歯医者のにおいや音、歯を削る時の痛みや振動など歯医者が大の苦手な私。

全部の歯を治療しなければならないと考えると、ぞっとしました。

歯は痛くないの?

全部の歯が虫歯になる前に痛くて気が付くでしょ、と思うかもしれませんが、それがまたそんなに痛くないのです。

たまに、いろいろな箇所がチクチクしたり、ちょっと疼いたりするのですが、我慢できないほどの痛みでもなく、ずっと続くわけでもなく…

もう全部が虫歯なので、どこが痛いとかはもう関係ないです。全部なんですから…

虫歯は我慢できないほどの痛みを伴うというのは、間違いです。全部が虫歯でも、ちょっと、たまに痛い位の人もいると思ってください。

取れたのは詰め物ではなく…

歯科にて、全部が虫歯という衝撃宣告を受けてから数日経ってからのことです。

急に口の中に固い塊が出てきたのです。

手に取ってみると、1mm位の固いもので、下の歯の一部に穴が開いています。

昔の詰め物の一部が取れてしまったんだなぁと思い、特に痛みもないので次の受診の時に言おうとそのままにしていました。

受診の日、「この前、詰め物が取れました」と言うと…

「それは詰め物ではなくて、虫歯のせいで歯が欠けたのですよ。」と言われました。

虫歯で歯が欠けてしまうなんて…と、これも虫歯のせいなのかと思うと、すごく嫌な気持ちになりました。

頑張って歯医者に通院中

虫歯になっている全部の歯を治療するために、月に1~2回の割合で歯医者に通っています。

通い始めたのは、6月だったと思うのですが、まだまだ終わりません。

予約日が近づいてくるたびに、憂鬱な気持ちになってしまうのですが、全部をきれいに治してもらうんだという思いで通っています。

コロナウイルスがある中、いろいろな面に配慮しながら治療をしてくださる歯科医院の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

いろいろあって、途中で歯医者をかえました。そのことについては、別記事にて書く予定です。

まとめ

久しぶりに受診した歯科にて、全部の歯が虫歯という宣告を受けてきたという話をまとめてきました。

正直、いまでも受け止めきれない自分がいるのですが、一つずつ治していくしかありません。

私のように全部が虫歯になってしまわないために、

  • 定期的な歯科受診
  • 治療は中断しない
  • 歯磨きに加えてデンタルフロスか糸ようじ

をしてください。

虫歯になってしまってからでは手遅れです。

かっぱまきこ

定額給付金は歯科治療に消えます。というか足りないです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログの運営者。
チョコレートとコーヒーが大好物。

ストウブ鍋や料理本など食に特化した別ブログの「かっぱまキッチン」も運営中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)

目次
閉じる